FC2ブログ
 

Casa Cube LIFE STYLE4LDK+バルコニー付きCasa Cube 1が完成! <Casa Cube を東京で建てる!> 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Follow casa_cube on Twitter

(記事編集) http://casacubist.blog28.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Casa Cube 金物工事(サッシ枠の取付ほか)

   ↑  2009/12/16 (水)  カテゴリー: 金物工事
casa cube

いつもご覧頂き真にありがとう御座います。仕事が忙しくてなかなかレポートがupできません(>o<) こうしているうちにも、我が家のCasaはどんどんでき上がっていきます(^^)/


まずは、ガルバニウムの屋根がどんどん仕上がってきました。

また、サッシの取付けおよび水切りシート貼りなども着々と。サッシについてはまた後日。 

casa cube

 

各部屋にグラスウールの取付も行われました。発砲ウレタンか、グラスウールか?という論議はそれぞれ一長一短がありますが、我が家のcasaは、標準的なグラスウールを使用しています。コストダウンという事もあるでしょうが、湿度や温度が低い北欧で開発された発砲ウレタンが、高温多湿の日本の気象条件に合致しているかは、いまだ未知数が多いとの事です。

日本でのベストな建築方法としては、建物の壁に空気の流れを作ってあげる事がいいそうです。発砲ウレタンも一つの手段ですが、現状としては、国交省ではグラスウールを中心とした断熱を基本として考えているそうです。ちなみに、『木』を大事にする大工さんは、発砲ウレタン工法は木が蒸れて腐るといってグラスウールだけを使う場合もあるそうですよ。

casa cube

関連記事
Follow casa_cube on Twitter

FC2スレッドテーマ : マイホーム (ジャンル : ライフ

(記事編集) http://casacubist.blog28.fc2.com/blog-entry-40.html

2009/12/16 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


なるほど

こんばんは
じーーーっと読み込んでしまいました。
僕は家を建てると決めてから色んな建築資材の本を読み漁って発泡ウレタンと出会ったのですが、テストで使った材木の内側(ウレタンを吹き付けて引き剥がした面)が湿ってたのを思い出しました。
次に何かの機会があって家を建てるなら天井、壁を発泡ウレタンで囲むことなんかを想像してましたが、高温多湿(+温暖化が進行)の日本では木を窒息させるのは考えものですね。
ウチは打ち損じた釘3本の所にヒートブリッジを起こさないように吹付けしました。スプレー缶程度の量で良かったと思います。

KOBEcasa |  2009/12/19 (土) No.56


No title.

私の場合、他のcasa cubeが発泡ウレタン処理をしているところが多かったので、建築家の方に質問したところ、上記のようなコメントを頂きました。

私は建築のプロではないですし、実際に実験をやってみたわけでは無いので何も言えないのですが、もうこれは実際に同じ場所に異なるマテリアルで建ててみて、実験するしかないでしょうね(笑)無理ですけど(笑)

建てる地域・場所・風の流れ等様々な要因によって違うでしょうから、グラスウールも発泡ウレタンも一長一短でしょうね。

Casa Cubist |  2009/12/20 (日)[ 編集 ] No.60

コメントを投稿する 記事: Casa Cube 金物工事(サッシ枠の取付ほか)

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。