FC2ブログ
 

Casa Cube LIFE STYLE4LDK+バルコニー付きCasa Cube 1が完成! <Casa Cube を東京で建てる!> 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Follow casa_cube on Twitter

(記事編集) http://casacubist.blog28.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

《実験!Casa Cube》Casa Cubeの高気密&高断熱性能は如何に!?

   ↑  2010/08/27 (金)  カテゴリー: Casa Cube
最近の家はどれも高気密・高断熱を唄ってますが、Casa Cubeも例外ではありません。しかし、どれだけ断熱性能が高いのか、よく判りませんよね。そこで、Casa Cube 1の日中の気温及び湿度変化を前回の実験『《実験!Casa Cube》CC 1のエアコン、1Fと2Fどっちが効果的?』の時と同様に測定し、どれだけ断熱効果があるのかを実験してみました。

 

実験条件は下記の通り。

1)3日間、ほぼ同様な天候状態の日に実験。

2)測定項目は気温および湿度。30分毎に計測し、3日間の測定データーを平均化+標準誤差(SEM)として表示。

3)測定場所は前回と同じ1Fと2Fの2箇所。

4)外気温が測定できなかったので、Casa Cubeの近くのアメダス気温測定データーを使用し、同様に平均化+SEMで表示。なお、このアメダスデーターはCasa Cubeの外気温を示しているわけではありませんので御注意下さい。

5)24時間換気はOFF。

6)実験中は窓は締め切り、1階のブラインドは閉める。人の立ち入りもしない。シーリングファンもOFF。

 

casa cube

 

casa cube


さて、実験結果です。

グレーのラインが近所のアメダス気温の3日間の平均気温変化を示したグラフです。縦に伸びているバーは、平均誤差を示すもの。午前8時からグングン気温が上昇していき、ついに12時には33.5℃まで到達しました。その後は時間の経過とともに気温が下がりました。

 

さて、Casa Cube内部の気温は、どうでしょうか?

3d.gif

 

青いラインが1階の室内気温です。外気温変化と比べると遥かに緩い速度で気温が上がっていきました。最大室内気温は16時頃。その後緩やかに低下していきましたが、ほぼ同じ温度をキープしている感じです。一方、赤いラインの2階の室内気温ですが、1階と比較して急な温度上昇が見られ、15~16時頃には室外最高気温よりも高い34.5℃をマーク。その後温度が緩やかに低下しました。注目すべき点として、この1階の気温上昇速度の遅さと、そして夜間における室内気温の高さです。外気温が28℃に低下しているにも関わらず、室内気温は30℃以上というデーターをどう考えるかです。

 

一方、湿度はどうでしょうか?緑のラインの1階の湿度変化はほぼ見られなく、紫のラインの2階の湿度は若干低下しています。これらは室内気温と逆相関しているようですね。実は、空気の温度が上昇した場合、飽和水蒸気量が上昇するので、相対湿度は低下します。そのため、水蒸気量が変化せず気温が高くなった場合は、湿度が低下するのです。下のグラフは、まさにその通りになっています。

3da.gif

 

さて、以上の結果からCasa Cubeの機密性能・断熱性能が高い事が証明されました。

 

・・・・・・え?

 

Casa Cubeはむちゃくちゃ暑いし、どこが断熱性能が高いの??

って思いますよね?

 

実は、『気密性能・断熱性能が高い』というのは、この実験データーで証明している「暖まり難く・冷め難い」という事なのです。

グラフをよく見て下さいね。Casa Cubeの室内の気温の上昇速度が低いですよね?つまりこれは「暖まり難い」ということであり、高温の外気温の熱がCasa Cube内部へ伝わり難く、内部へ侵入しにくいという事をデーターが示しているのです。ただし、暖かい空気は冷たい空気と比較すると軽いので、吹き抜け部分を通して2階へ上昇し貯まってしまいその結果、2階の気温が高いわけです。

 

さらにもう一つ証拠になるデーターがあります。

夜になって外気温が下ったにも関わらずCasa Cube内部の気温が高いですよね?これは、暖まった空気が保温されている=断熱されているため、内部の温度が外に逃げづらい事を示しているのです。この時、2階の窓を開けると一気に温度が低下する筈です。24時間換気を最強モードで運転させて、強制排気させてもよいと思います。これは何もCasa Cubeだけの特徴ではなく、最近のトレンドである高気密・高断熱の家に共通する特徴なのです。

冬の場合は逆になり、外の冷気によってCasa Cube内部を冷やす効果は少なく、さらに暖房によって暖められた空気はそのまま保持され暖かいという事が予想されます。しかしその反面、室内の冷たい空気が「保温」されてしまうので、一度寒くなった部屋はいつまでたっても寒いままになる可能性があります。また、貴重な熱源である冬の太陽光による室内加温効果は、それほど期待できないと思われます。なぜなら小さい窓のLow-Eペアガラスは赤外線をシャットアウトしてしまうため、中々暖まりにくいのも想像できます(夏はその逆)。

 

以上の事から、Casa Cubeの夏対策を考えてみました。

1)朝から窓を全開にして外の空気を入れるのはNG。夜のうちに冷えた空気を如何に保つかがキーポイント。

2)エアコンを作動させるなら、外気温がMaxになる午後12時までに。できればCasa Cube 1ならば、2階のオープンスペースにエアコンが設置できていれば、そこで運転させると1階も2階も十分冷えます(前回の実験結果より)。

3)お昼を過ぎたらエアコンはOFF。あるいは、エアコンの設定温度を上げて運転しても十分涼しく過ごせます。

4)午後、少し暑く感じたらエアコンをON。ただし、長時間運転させるのではなくスポット的な運転で十分。一度冷えるとその温度を長くキープできます。

5)ただし、24時間換気を運転させると全く意味が無く、熱い外気が換気口から浸入してしまいます。

6)日中外出し、夜帰宅後、暑くなっている室内は、すぐにエアコンで冷却するのではなく、一度窓を開けて暑い室内の空気を追い出してからエアコンをかけると効率的。

 

当たり前といったら当たり前の対策方法ですが、上手く特徴を生かして冷房を効率的に運転すれば、省エネ効果が期待できると思われます。

 

記事が参考になった!と感じましたら、バナーをクリックしてくださいね。Blogランキングにポイントが加算されます。

↓↓↓↓

 

 

注意点を一つ。

当ブログでは、Creative Commonsを下記のように設定していますので、データーの利用について十分ご注意下さい。「営利目的」でこの実験データーの利用は原則禁止です。もし、このデーターを営利目的で利用したいという方は、下記のコメント欄へ記入して下さい。

 

Creative Commons License
Casa Cube を東京で建てる! by Casa Cubist is licensed under a Creative Commons 表示-非営利-改変禁止 2.1 日本 License.


FC2ノウハウにも掲載されています
関連記事
Follow casa_cube on Twitter

FC2スレッドテーマ : マイホーム (ジャンル : ライフ

(記事編集) http://casacubist.blog28.fc2.com/blog-entry-120.html

2010/08/27 | Comment (3) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


追記1

このデーターは3日間の平均値を元に算出していますが、外気温の標準誤差が大きい割りには、Casa Cubeの室内温度の標準誤差範囲が極めて少ないです。

これは、室内気温が外気温に左右されにくいという事を示しているものと思われます。

Casa Cubist |  2010/08/27 (金)[ 編集 ] No.175


まさしく

こんにちは
いつも素晴らしい実験をありがとうございます。
まさにカーサキューブの高い断熱性能を裏付けた貴重な記事だと思います。
はっきり言って、公式HPより解りやすくて参考になりました。

是非ウチの記事にもリンクさせてください。お願いします。


KOBEcasa |  2010/08/28 (土) No.177


企業が発表するデーターは、奇麗に取れたデーターとか誤差範囲が判らないデーター、1回しか行っていない実験データーだったりします。やはり生データーを見ないと気にすまない私なのでw今回実験を行ってみました。

ただ、他の家と同一条件で比較することが出来ないので、このデーターが良いのか悪いのかの判断が出来ないのが残念です。

リンクの件は非営利のサイトからならば問題にはならないので、OKですよ。

Casa Cubist |  2010/08/30 (月)[ 編集 ] No.179

コメントを投稿する 記事: 《実験!Casa Cube》Casa Cubeの高気密&高断熱性能は如何に!?

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。